04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

代名詞の訳し方 

翻訳家を目指し孤軍奮闘中のおやじでございます。\(^o^)/コンバンワ! 

テキストはSTEP2にを学習中!(全部でSTEP24まで。)

STEP2は、代名詞の訳し方について学習します。

ポイントは以下の通り・・・

1.代名詞は具体的に訳すか、省略できるものは省略する
  <例> I love you. 
      愛してる。


2.総称のwe、you、theyは省略する
  特定の人を指していない場合は省略するそうです。
  <例> We had a lot of storms this winter.
      この冬は嵐が多かった。 
 

3.所有代名詞(mine、yours、ours等)は必ず具体的に訳す

4.再帰代名詞(myself、yourself、ourselves等)

  目的語としての用法 
  一つの自動詞のように訳す
  <例> I cut myself with a knife.
      私はナイフで怪我をした。

  強意用法
  意味を強めるために用いられている場合は、日本語に工夫が必要
  <例> I didin't see the man himself.
      私はその人に直接には合わなかった。

  慣用用法
  再帰代名詞が特定の前置詞と結びついて慣用的な意味を表す場合がある。
  個々に覚える必要がある。
  <例> I'm afraid to stop here by my self.
      一人で個々に残るのはこわいわ。


5.itは、具体的に訳すか、省略できる場合は省略する
  <例> I bought a new pen, but I can't write very well with it
      新しいペンを買ったが、あまりよく書けない。


6.thisとthatの訳し方
  一度出た名詞の反復を避けるために用いられている場合には、具体的に訳すか
  省略する。
  <例> The best coal is that from Newcastle.
      最良の石炭は、ニューカッスル産の石炭です。

  先行する文の内容をさすthisやthatは「それ」「そのため」「おかげで」などと訳すとうまくいく。
  <例> Jack has always had his own way at home, and this made him a poor roommate.
      ジャックはいつも家で思い通りにしていた。おかげで共同生活が苦手だったのである。

  次にくる文をさすthisは「この事」「次の点」「こう」などと訳すとうまくいく
  <例> What I want to say is this. Man is selfish by nature.
      僕のいいたいのはこうなんだ。人間は生まれつき利己的ってことさ。

  ついで用いられるthisやthatは直訳せず訳語を工夫する。
  <例> Jane went to this doctor and that.
      ジェーンはあちこちの医者にかかった。


7.代名詞としてのsuchは具体的に訳す
  <例> If you act like a child, you must be treated as such.
      子供みたいなことをしていると、子供並みにしか扱ってもらえませんよ。


8.oneとsomeの訳し方
  oneは具体的に訳す
  <例> Do you want a shirt? Yes,I want one.
      欲しいのはシャツですか? はい、シャツが欲しいんです。

  someは「~物もある」「~人もいる」と訳すと文脈になじむ
  <例> Some say yes, and some say no.
      賛成の人もいるし、反対の人もいる。



むすかしいなぁ・・・>w<;

  

カテゴリ: 英語学習

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル: 学校・教育


初心者にもやさしいギター弾き語り



適応障害関連ブログへはこちらから

適応障害 ブログランキングへ

ブログ仲間同士でサークルを作りませんか?
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

[edit]

« TOEIC受験結果  |  翻訳事始め »

コメント

はじめまして!

こんばんわ、はじめまして!

おお、本格的に翻訳勉強されておられるんですね! 数冊古本屋で翻訳に関する本買ったくらいで、文芸翻訳でも老後のたしなみにやってみたいな、と思いつつ何もしていません。翻訳って、英文和訳とは全然違いますから難しそうですね。

何でも男性は翻訳、女性は通訳を希望しやすいって話以前に読んだことありますけど、私は後者のが今は惹かれています(通訳ガイドほしいので、そちらの業務には話すことが直結してますから)。

また遊びにきます(ちなみに私は1962年生まれです――崖っぷち爺さんでしょうか(涙)。世間的にはシニアですから、う、う、う)

Anchorsong #- | URL
2010/10/04 23:26 * edit *

No title

>Anchorsongさん

コメントありがとうございます。

ほとんど英語力の無い私は無謀にも翻訳家を目指しております。

Anchorsongさんはいずれ通訳の方面を目指されるんですかね?

そちらも大変だとは思いますが、是非挑戦していただきたいものです。^^

またあそびにきてくださいね。(^_^)/~~

崖っぷちおやじ #2nb2aBqE | URL
2010/10/05 18:03 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cdr58930.blog134.fc2.com/tb.php/110-b61494fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

カテゴリ