FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

障害者のトライアル雇用 


【健康】肉体改造計画 (゚д゚)!

【アコギ関連記事】「かんたんコード10個」で弾ける! 楽しいギター弾き語り60

ボルダリングのうつの治療に対する効果 (僕なりの感想) 

毎日の健康記録 2018年2月19日



56e442a1c6d45053275a3c6fd66eda6b09190e20.png



今回、受け入れ先企業に雇っていただくにあたって、就労継続支援施設の就労担当者から、『障害者トライアル雇用制度』を利用するようにすすめられた



企業側でもハローワークの方から同様の話があったそうだ



理由は、実習を経て、採用に至っても、全体の二割近くがそのまま仕事を継続することが出来ず、施設に戻ってきてしまうことが原因のようだ



心の病にかかっている人たちは、責任感が強い人が多い、そして僕もそうだけれど、なんとか社旗復帰しようと必死になるんだと思う



そうすると自然にオーバーワーク気味になり、いつか力尽きてしまう



僕が、就労継続支援施設へ企業実習をしたいと伝えた時も、就労担当者、ケースワーカーさん、そして、ハローワークの職員さんにも 『絶対無理をしないように』 と念を押された



僕の場合、通常5時間くらいから始める実習中の作業時間を、いきなりの8時間にしてもらい、期間も長めだったので余計に無理をしていると思われたんだと思う



確かに、約1年間、施設での作業は施設外作業も含め、一日4時間未満だったので、8時間は本当に長く感じた



間が悪く、実習前に足首をねん挫してしまって、さらに、作業が立ったままの姿勢を続ける作業から入ったため、足の痛みが半端なかった (;´Д`)



体力の低下は施設に入る前から懸念していた



このまま、仕事に就いても体力的に持つかどうか不安だった



だから、施設にいる間、森林公園を歩いたり、施設まで自転車で通ったり、施設内の空き地を借りて畑を作ってみたり、縄跳びをしたりと、出来る限り身体を動かすように心がけていた



ボルダリングを始めたのも、心の病の回復に効果があることもあるけれど、体力を取り戻したいという気持ちが強かった



実習を始めて、2週間が過ぎたけれど、乗り越えられたのは、こういう努力も少しは役に立ったのかなと思っている



確かに僕は、ストレスをため込みやすい性質があるけれど、肉体的な負荷や傷みには、人並みには耐えられる



病気になる前から、健康に気を付けていたし、登山やサイクリング、ジョギングで身体を動かしていたので、ケガや筋肉痛と言った、体の痛みは結構経験してきた



なので、トライアル期間の3か月は、当分、湿布やセルフマッサージのお世話になりそうだけれど、何とか乗り越えられると思う



その後は一年契約、さらに実績を積めば、より良い条件での雇用もしてもらえそうだ



まずは3か月、周りの人たちの予想をいい意味で裏切りたい!(笑)




初心者にもやさしいギター弾き語り



適応障害関連ブログへはこちらから

適応障害 ブログランキングへ

ブログ仲間同士でサークルを作りませんか?
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

[edit]

« 企業実習最終日  |  働けるありがたさ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cdr58930.blog134.fc2.com/tb.php/1155-8ca96d1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

カテゴリ