07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

英語がペラペラになるということ 

学生時代にある程度の単語や文法知識を学んだはずなのに、英語が話せない

なぜぇだぁー!?コンチクショー!と心の中で叫んでませんかー? 

ええ、叫んでいます。おやじです。w


知っている文法知識、単語を駆使してなぜ話せないのか・・・

その答えは、ある本に書いてありました!(すごい極意書だったのに、どの本だったか忘れたっ!w)


まず英語の知識には2種類あるらしく下記の如し(多分こういうことだったと思う・・・)


潜在的知識 知っているが活用できる状態でない知識

顕在的知識 知っているしそれを活用できる状態にある知識


単語も文法も知っているのに、英語が話せないというのは、どうやらストックされている知識が

ほとんど潜在的知識であるからということみたいです。すくなくともおやじはこの状態・・・・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン



ずばり、潜在的知識を顕在的知識に変えることができれば英語がしゃべれるってことなのです!!!



※注意※ さも画期的で簡単な事のような表現がございますが、この潜在的知識の顕在化には努力と根性が必要です。w


バッターに素振りが必要なように、ボクサーにミットうちが必要なように、ボディービルダーに筋トレが必要なように地道で単純な作業を何度も何度も繰り返すことが必要なのです。


これには、瞬間英作文や、前回ご紹介したペラペラカードを使ったトレーニングは効果あり!と、おやじは考えております。


すでに知っている単語、文法知識(潜在的知識)をつかって文章を作り、それを何度も何度も声に出して体に叩き込むのです!(今、これを書きながら、自分にそう言い聞かせている最中w)

また英語のスキルには、アウトプット(話す・書く)とインプット(聞く・読む)に大きく分かれますが、おやじも含め英語学習のたまごっちは、インプットに偏りがちです。

なので、現段階で一番に英語力アップを実感できるのは、アウトプットを引き上げてやることだと思います。

おやじは気分屋なので「お!英語力アップしてるじゃんσ(゚∀゚ )オレ」と実感できるのはモチベーションの維持にもなりますので。w

さらに、最近読んだ、「できる人の英語勉強法」には、英語の4つのスキル(話す・書く・聞く・読む)は連動していてどれかひとつを伸ばすとそれにつられてほかのスキルも伸びるそうです。

まぁ4つのスキルをまんべんなく伸ばすのが理想的であると作者もおっしゃっておられますが・・・


と、ノウハウだけが先行して、実地がおいついていない、おやじがえらそうに語ってしまいました。

すいませぇーん!ヽ(´Д`;)ノアゥ...

できる人の英語勉強法できる人の英語勉強法
(2007/12/12)
安河内 哲也

商品詳細を見る


初心者にもやさしいギター弾き語り



適応障害関連ブログへはこちらから

適応障害 ブログランキングへ

ブログ仲間同士でサークルを作りませんか?
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

[edit]

« おやじお勧めの楽しいブログ  |  ペラペラカードを作ってみる »

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2012/03/06 23:34 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cdr58930.blog134.fc2.com/tb.php/193-c34678b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

カテゴリ