03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

何度も繰り返すことで見えてくる暗記の向こう側! Repeating improves your English! 


数々の失敗と出費を経てたどり着いた英語学習法を公開中!詳しくはこちらの目次をご覧ください!


こんばんは!ようやく風邪が治った気がするおやじです。


今日は、暗記についてお話しさせていただきたいと思います。


以前のおやじは、単語やフレーズを覚える際に、とりあえず何も見ずに言えれば暗記完了!だと思っていました。

しかし、それでは実際の会話の際には、なかなか口から出てきません。


会話の中で自然に出てくるようになるためには、瞬間的にしかも滑らかに単語やフレーズが出てくるようにならなければいけません。


おやじの場合は、「おやじの現在の学習メニュー」でご紹介したように、ある単語を見た際に、その説明文と例文が瞬時にそしてスラスラ言えるようになるまで繰り返し復唱(人気のあるところでは暗唱w)しています。


<例>
単語 gargle
説明文 to clean the inside of your mouth and throat by blowing air through water or medicine in the back of your throat
例文 Gargling with salt water may help your sore throat.



そして一度覚えたと思っても、新しい単語を1回分12個覚えたら、今まで覚えた単語を2回分24個を復習するようにして、何度も何度も繰り返すようにしています。


そうすると、少しずつではありますが、ブログの記事を書こうとしたり、英会話のレッスンの際に、自然と出てくる単語が出てき始めました。復習用にCD音声を聞いても、その単語の説明文と例文ははっきりと聞き取れるようにもなっています!(ちょい自慢w)


この現象を、おやじは、


暗記の向こう側に到達した!


と呼んでいます。今月から本格始動したオンライン英会話スクールの内容が、english×english英単語「倍速」楽習法の学習とシンクロしてくれば、さらにその領域に到達する単語が増えてくるのでは?と期待しています。

おそらく、おやじが到達した、暗記の向こう側の先には、さらに、英語をネイティブ並みに話す人々の神の領域が広がっているのでしょう。


そこまでは、到達できないとしても、少しでも近づけるように日々精進しています。\(^o^)/


あなたの英語学習が有意義で楽しいものになりますように!





初心者にもやさしいギター弾き語り



適応障害関連ブログへはこちらから

適応障害 ブログランキングへ

ブログ仲間同士でサークルを作りませんか?
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

[edit]

« お金と時間を節約できる!?オンライン英会話活用法! We can save time and money!  |  英会話レッスンで分からなかった単語一覧 »

コメント

私も30代なかばから資格試験に挑戦して悪戦苦闘して、あれこれ効率のよい勉強法を模索していた時期がありましたが、結局地道に反復するのが一番効果的でしたね~。

最近の研究によると、脳を鍛えるというのは今まで考えられていたよりもずっと筋肉を鍛えるのに近いプロセスなんだそうです。

そう言えば、スピード重視の科目の時、あれこれ問題集に手を出すよりも、出来の良い一冊を10回かそれ以上、スピードアップを心がけながら繰り返し解いた後に一気にレベルが上がりましたね。あの時に勉強もスポーツだ!と気づきました。

その頃の事を思い出すと、今の私の英語の勉強法は甘すぎだなあ(^_^;)

竹 #XjNQc0GY | URL
2013/02/09 22:29 * edit *

竹さん


なるほど繰り返しも大事ですが、スピードも大事なんですね。

普段、本で学習しているので、英会話レッスンの質疑応答のスピード感にはついていけません。たった25分なのに終わったらどっと疲れが出ます。w

おやじは、今の英語本と、英会話レッスンを楽しく続けてみたいと思います!(^O^)/

崖っぷちおやじ #2nb2aBqE | URL
2013/02/09 23:52 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cdr58930.blog134.fc2.com/tb.php/358-a296d37b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

カテゴリ