05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

おやじ式英単語記憶術! How to learn English words by heart! 

数々の失敗と出費を経てたどり着いた英語学習法を公開中!詳しくはこちらの目次をご覧ください!


ども、休日出勤より只今帰ってまいりました、おやじでございます!
今月乗り切れば4月には仕事が落ち着きそうです。っていうか暇になって、人要らなくなって、契約終了・・・・Orz
にならないように祈るのみです。^_^;


今日は、おやじが英語学習暗黒時代(学習法が定着せず迷走していた頃)英語学習の負のスパイラルに飲み込まれながら編み出した英単語の記憶術をご紹介いたします。


まず、人が物事を記憶するのに大切なものはなんでしょうか?


1.イメージ

2.何かと関連付ける



1.まずイメージですが、これには以前ご紹介した、語源を使います。

たとえば、coworkerという単語を例に挙げてみると

co(ともに)+work(働く)+er(人)=共に働く人→同僚

となり、ただのアルファベットの集まりが、意味をもった言葉の集まりとなり、イメージしやすくなります。

綴りを覚える際も、語源を覚えていると楽に覚えることができるし、紛らわしい似たような綴りも区別がつくようになります。


2.次に、何かと関連づけるですが、これは、その単語を使った例文を覚えることによって行います。
覚えたい単語を辞書で引いた際の例文でもいいのですが、できれば自分と関係のある内容にアレンジできればさらに記憶に残りやすくなります。

自分で例文を作るってこと自体が学習にもなりますしね!(^-^)

その際できれば、覚える単語以外は自分の知っている単語で例文を構成するようにしてください。

単語本のベストセラー「DUO 3.0」のように一つの例文で、複数の単語を覚えることもできますが、負荷が高くなり余計に効率が悪くなる可能性があるのと、途中で心が折れて続かなくなってはもともこもないので、できれば単語一つに例文一つが理想的です。

例文を使うと、覚えたい単語と、自分の知っている単語を関連付けることができ、記憶に残りやすくなるばかりでなく、その単語の使い方を覚えることができ、一石二鳥どころか三鳥くらいいけそうです。(笑)


実際の学習法としては、

1.単語帳の表に単語を書く
2.裏に語源と例文を書く (語源の調べ方は「こちら」から)
3.単語を見て語源と例文が出てくるように暗記する

まぁこのあたりは自分が覚えやすくなるように工夫してみてください!(^O^)/


この、単語の記憶術にさらに、単語の意味も英語で覚えることによって、英語を英語で考える「英語脳」を育てるトレーニングをプラスしたものがenglish×english英単語「倍速」楽習法。を使ったおやじのお勧めの学習法なのです!(^0_0^)


とまぁこんな感じです。少しでも皆さんのお役にたてたら嬉しい限りです。<(_ _)>



あなたの英語学習が有意義で楽しいものになりますように!



初心者にもやさしいギター弾き語り



適応障害関連ブログへはこちらから

適応障害 ブログランキングへ

ブログ仲間同士でサークルを作りませんか?
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

[edit]

« 眠気にどう対抗するか!? How to regist sleepiness!  |  もっと早くやっときゃよかった英会話!(字余り)I should have started English lesson earlier! »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cdr58930.blog134.fc2.com/tb.php/377-438d9774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

カテゴリ