09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 

『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 』 (SB文庫)のレビューです


適応診断と診断されたとき、この病気になってしまったのは

・自分が弱いから

・人より劣っているから

・自分が異常だから


と思っていた


その考えが、間違いであることをこの本は教えてくれました


この本の最初に自己テストがあります


1.自分をとりまく環境の微妙な変化によく気づくほうだ
2.他人の気分に左右される
3.痛みにとても敏感である
4.忙しい日々が続くと、ベッドや暗い部屋などプライバシーが得られ、刺激から逃れられる場所にひきこもりたくなる
5.カフェインに敏感に反応する
6.明るい光や強い匂い、ざらざらした布地、サイレンの音などに圧倒されやすい
7.豊かな想像力を持ち、空想に耽(ふけ)りやすい
8.騒音に悩まされやすい
9.美術や音楽に深く心動かされる
10.とても良心的である
11.すぐにびっくりする(仰天する)
12.短期間にたくさんのことをしなければならない時、混乱してしまう
13.人が何かで不快な思いをしているとき、どうすれば快適になるかすぐに気づく (たとえば電灯の明るさを調節したり、席を替えるなど)
14.一度にたくさんのことを頼まれるがイヤだ
15.ミスをしたり、物を忘れたりしないようにいつも気をつける
16.暴力的な映画やテレビ番組は見ないようにしている
17.あまりにもたくさんのことが自分のまわりで起こっていると、不快になり、神経が高ぶる
18.空腹になると、集中できないとか気分が悪くなるといった強い反応が起こる
19.生活に変化があると混乱する
20.デリケートな香りや味、音、音楽などを好む
21.動揺するような状況を避けることを、普段の生活で最優先している
22.仕事をする時、競争させられたり、観察されていると、緊張し、いつもの実力を発揮できなくなる
23.子供のころ、親や教師は自分のことを「敏感だ」 とか 「内気だ」 と思っていた


この自己テストの項目に12個以上当てはまる又は、12個以下でもいくつかに強くあてはまる人を

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまう人=『敏感すぎる人』と著者は定義しています


僕もこの『敏感すぎる人』の特徴に当てはまっていました


実は、人口の約15~20%が『敏感すぎる人』の特徴を持った人たちになのだそうです

この事実を知って、自分だけが異常ではないのだと安心できました


世の中の刺激(ストレス)に過剰に反応してしまう
確かにこれは、社会生活の中でマイナスになってしまう要素です
欠点と言える特徴ではありますが『敏感すぎる人』には、それを補って余りある能力も持っている事も書かれています

自分は欠点もあるが、すべての事で人より劣っているわけではない、そう思えました


『適応障害のことがよくわかる本』は、『自分がかかっている病気が何であるか』、を教えてくれました

この『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。』は、気づかなかった自分の一面に気づかせてくれました
おかげで、『敏感すぎる自分』と生涯向き合っていく覚悟とその準備をする用意ができました


まだまだ不安なことはあるけれど、真っ暗だった将来に希望が見えてきた気がします










初心者にもやさしいギター弾き語り



適応障害関連ブログへはこちらから

適応障害 ブログランキングへ

ブログ仲間同士でサークルを作りませんか?
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

[edit]

« 体調の起伏  |  facebookと距離を置く(データのバックアップ) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cdr58930.blog134.fc2.com/tb.php/894-a009602c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

カテゴリ